耐震と制震

耐震

「最高等級3」の耐震性を強靭な木造モノコック構造と建築基準法に基づく偏心率計算で実現しています。

制震

耐久性

最高等級3の耐震性に加え、実績豊かな制震装置MIRAIEと吉野杉&シーズンブレス工法の耐久性で末永い安心を提供します。

耐震等級3+制震で繰り返す揺れにも安心

「耐震等級3」でも完璧とは言えない!?

・地震観測の歴史はまだ浅く、未曾有の震災が来る可能性も→用心をしすぎるということはありません。
・建物に損傷がなくても、家財が破損した場合、後かたづけの手間は相当なものです。
・どんなに強い構造をもった建物であっても、揺れを経験すると必ずダメージは残ります。

プラスの安心として、“制震” 装置を施工

建物の揺れ幅・損傷が減少し、家財の破損も軽減する制振装置を取り付けてさらなる安心を。

免震

主にビルなどの大規模構造物に使用されています。戸建住宅用の装置も販売されていますが、非常に高コストです

制震

戸建住宅で急速に普及。耐震構造と相性がよく、コストパフォーマンスも高いのが特徴です。数多くの製品が市場に出回っているために、担保されている性能を把握し、実績ある装置を導入するとよいでしょう。

「耐震等級3」の措置を講じた上で、性能が担保された実績のある「制震装置」を導入しましょう

「吉野杉の家」は、耐震等級3+制震ダンパーMIRAIEが標準仕様

全棟標準長期優良住宅かつ耐震等級3の性能をご提供しています

性能確保のベースとなる建築基準は、阪神・淡路大震災を教訓に接合金物の使用や偏りのない耐力壁配置などが義務化された、2000年の改正基準です。

繰り返す揺れから大切なご家族と住まいを守るために、高減衰ゴム製ダンパーの制震装置MIRAIEを標準採用

MIRAIEの搭載により

①安心・安全の住まいを実現できます
②多額の補修発生リスクを低減できます
③大災害時に安心して生活継続できます

イムラの「吉野杉の家」は、繰り返す揺れにもご安心いただける高耐震・高制震住宅です