富田林市寺内町へ行きました

こんにちは。美原展示場の徳岡です。

先日、大阪府富田林市富田林町の旧市街を散策してきました。
ここは「寺内町」と呼ばれる地域で、江戸時代の町並みが多く残っており、 国から重要伝統的建造物群保存地区選定されています。は全国に100以上あるそうですが、 富田林は大阪府下では唯一の選定地区だそうです。 到着して、まずは「じないまち交流館」へ向かいました。 ここでは、寺内町の散策マップがもらえます。 手描きの温かみあるマップで、受付のお姉さんが お勧めの散策コースを教えてくれます。 食事やお買い物を楽しみに来られる方にはとても便利です。 ブラブラと歩き出すと、あちらこちらにレトロな可愛いお店が見付かります。 町並みに溶け込んだレトロな外観のお店ばかりなので、 つい通り過ぎてしまいそうです。 お店の中はどこも静かで時間がゆっくり流れていて、 店主さんが本当に好きなものだけを並べているような、 自由で素朴な空間でした。 お昼は、洋食屋「レイドバック」さんで頂きました。 5人座ればいっぱいの小さなお店で、 あまり目立つ看板なども出ていないのですが、 次々とお客様が入ってこられていました。 大きな木製のカウンターと大きな格子窓が印象的な、 とても美味しいお店でした。 私は富田林市に住み始めて10年以上になりますが、 この地域を訪ねたのは今回が初めてでした。 1日ではすべて見てまわることはできず、 歴史的な建造物などを見学する時間もなかったので、 また何度も訪れてみようと思っています。 町並みを眺めながらゆっくり歩くだけでも癒されますので、 機会がありましたらぜひ立ち寄ってみてください。