温熱環境

家は暖かくて当たり前、それ以上の付加価値

健康に配慮した断熱性能

入浴中にヒートショックで急死したと推定される死者数は年間17000人! ヒートショック対策、アレルギー対策のために、関西でも東北並の暖かさを持つ住宅が求められています。「吉野杉の家」では、省エネ基準(平成25年基準)における4地域(南東北)レベルの温熱環境を実現しています。

●省エネ基準地域区分

「吉野杉の家」は、省エネ等級4を上回る「南東北仕様」以上の断熱性能が標準だから、関西で建てると暖かくて省エネ!

快適で省エネ

断熱性能以上の暖かさと涼しさをシーズンブレス工法で実現!