イムラの家づくり concept

耐震と制震

南海トラフ地震に備える耐震性能

吉野杉と国産檜による強靭な軸組構造をベースに耐震設計を行い最高等級3の耐震性を実現。さらに、制震ダンパーを搭載し、繰り返し来る地震・余震からも生命と家、家財を守ります。一方で、災害後の暮らしを考えた創エネなどの設備をご提案しています。

[吉野杉の家]の災害に強い安心の暮らし

  • 「吉野杉の家」の基本耐震性能

    ① 耐震等級3

    ② 強い木造住宅

  • “災害に強い家”にするための特長

    ③ 長期優良住宅

    ④ 制震システム

    ⑤ オール電化&創エネ

「吉野杉の家」の基本耐震性能
①耐震等級3 建築基準法の耐震基準の1.5倍の強度で設計
②強い木造住宅 構造材にD1ランク樹種の吉野杉と国産檜を使用 (D1ランク樹種=長期優良住宅の「劣化対策」の項目で使用を義務付けられた耐久性の高い樹種)

吉野杉の強度は他県産の1.4倍

“災害に強い家”にするための特長
③長期優良住宅 繰り返す大きな地震に備え、高減衰ゴム製ダンパーの制震装置MIRAIEを標準採用
④制震システム 繰り返す大きな地震に備え、高減衰ゴム製ダンパーの制震装置MIRAIEを標準採用

性能

震度7相当の揺れ幅を最大95%低減

※熊本地震再現実験実施(3次元振動)

1階の上部の層間変形量の最大値(実験を元にしたイメージイラスト)
2017年1月京都大学防災研究所での実大振動実験。加振2回目(前震級+本震級)の結果による

実績

2016年4月 熊本地震MIRAIE搭載住宅132棟全壊・半壊の報告0件

木造住宅用制震ダンパーの供給実績No.1
橋梁、ビル、伝統建築物など公共施設にも採用され、 熊本城天守閣耐震改修工事などで信頼を獲得

第三者評価

メディアへの露出多数!
TV(NHK) 新聞記事(日経)雑誌(日経BP)など

高減衰ゴム/適用多数

橋梁、ビル、伝統建築物など公共施設にも採用され、 熊本城天守閣耐震改修工事などで信頼を獲得

⑤オール電化&創エネ これからの常識“創エネ”は災害にも有効
  • 太陽光発電システムで
    毎月の光熱費を低減
    太陽光発電の自家消費で日々の家計をサポートします。
  • 災害による停電時、
    日中なら電気を利用可
    消費電力1500wまで家電を同時に使えます。(参考:冷蔵庫250W/電話5W/テレビ490W/パソコン150W)
  • 災害時の生活用水は
    エコキュートで安心
    エコキュートのタンク内の 水(370L)は災害など断水時に非常用生活水(飲用不可)としてりようできます。
  • 蓄電池等も
    ご要望により設置可能
    平常時は、安価な深夜電力を充電しピーク時に使用することで電気代が抑えらます。災害などの停電時には、非常電源として電気を使えます。

WEBでは伝えきれない魅力がここに!